“世界を魅了する臨床研究”原正彦先生④ / 医療4.0×医師ラボ

医療4.0に登場する未来を描く30人の医師のルーツと半生、その生き方に迫る”医療4.0×医師ラボ“企画。第7回目は原正彦先生にその半生を語っていただきました。今回は第4話、世界を魅了する臨床研究についてお届けします。

第1話”自由と独学で突き進んだ学生時代”

第2話”好きなことを仕事にする掛け算の法則”

第3話”不安を克服し、ワークライフインテグレーションの時代へ”

(この記事は9/22に行われた医師ラボ朝活vol.7の内容の一部を記事にしたものです)

一般社会法人日本臨床研究学会代表理事、株式会社mediVR代表取締役社長、循環器内科医

2005年島根大学医学部卒。米国心臓病学会から世界の若手トップ5に3度選出された知識と経験を生かし、臨床研究から産学連携まで幅広く活躍。代表を務める株式会社mediVRは、経済産業省主催のジャパンヘルスケアビジネスコンテスト2018でグランプリ受賞。

医者の守破離

僕は臨床研究を専門にしているので少しだけ臨床研究の話をしようと思います。

日本では昔から”守破離”という言葉があります。武道や技術職人の間でレベルを表す言葉として使われます。まず守破離の守るということです。いわゆる基本の型を身につける事。僕らでいうと研修医のレベルです。

次のフェーズは破、型を崩す。疾患バリエーションをたくさん経験すると、同じ病気の患者さんでもアプローチの仕方を変えていけるようになります。それは守っていたガイドラインを少し崩すというレベル、専門医のレベルと言えます。

離というのは、誰も理解できないような離れたところにいる人のレベルです。ロジカルに説明できないけれども、なぜかあの先生が治療したら治る、あの先生が手術したら痛く無くなるといったことです。

医者であるならばせめて専門医の破のレベルまでにはなりましょう。

そして自分が破のレベルになった時に、自分がやっている工夫が正しいかどうかを検証する手段が臨床研究なんです。

臨床研究とは

海外だと臨床研究をして初めて専門医の受験資格を与えるという流れが出来てきています。日本でも少しずつその流れが出てきています。医者としてのレベルをアップさせ、それを客観的に証明する手法なので、ぜひ興味があれば臨床研究をやってみてほしいと思います。

臨床研究といっても難しく考える必要はなく、自分の工夫が正しいか単に疑問を調べるだけなのです。常識やえらい人の言葉にとらわれずに、自分の実験結果を素直に解釈しましょう。

僕が世界で、特にアメリカで戦ったのは、日本だとひどく邪魔されるからです。日本の権威というのは、力のある若い人をどんどん潰していく。そうしないと自分の将来が危ない。負けて自分が飲まれてしまうからです。

アカデミアの世界では明確に競争があるので、ピュアな気持ちでやっていたらすぐに後ろから切りつけられます。それから日本にはまだアカデミックヒエラルキーというものがあり、簡単にいうと東大と京大しか勝てない。上のレベルの学会に行けば行くほど、権威のある歴史あるイベント程、その傾向は強くなります。

だから地方医大出身で教授になっている人というのはいわゆるマイナー科が多いです。やはりその傾向はあるので、そこは理解しておかないといけません。

アメリカでは、そういったコネクションが有利に働くことはありますが、実力枠もしっかりあります。四分の一くらいは実力枠です。だから実力さえあればそこにゴリゴリ入っていけるんです。それはいいところだと思います。

レジリエンスを身につける

僕はよく順風満帆ですばらしいですねと言われるのですが、全然順風満帆ではなくて、一個一個クリアしていくのにかなり苦労をしています。

これから皆さんも自分の考えを持って、自分なりの道を歩んでいく中でいろんな抵抗勢力が出てくると思います。

そこでレジリエンスを身につけることが大切です。

レジリエンスというのは抵抗力のことです。自分が不幸なシチュエーションに陥った時に、それをポジティブに変えて結果をうまく自分の方にもっていく能力です。

これは何をやっても誰かが絶対文句を言い、全員を納得させるのは不可能だ、ということを解説する図です。

左上は親子二人でロバに乗っていて、それを見た人たちが『動物虐待じゃないか』と文句を言うシーンです。それでお母さんが降りて子供をロバに乗せたら、今度は『お母さんを歩かせるなんて、子供を甘やかしすぎだ』と言われます。では、今度はお母さんがロバに乗ると、『子供を歩かせて可愛そうだ』と言われてしまいます。こうなったら、もう二人ともロバから降りればいい、と思えば、今度は『あいつらロバの使い方がわからないんじゃないか』と馬鹿にされる始末。

ここからも分かる通り、結局全員を納得させるのは不可能なのです。だから、批判を受けても自分の意見をきちんと伝えることが大切になります。

そして、それは他人の評価軸ではなく自分の評価軸に基づいてなければいけません。

どれでもいいのです。図の左上ならば、『うちはロバは帰ってからしっかり休ませるので今は頑張ってもらっているんです』と周りに伝えられるかどうかなのです。

それが自分の人生の幸福度を最大化させることに繋がる。自分が幸せでないと、人を幸せにはできないんです。

救急崩壊と言われますが、とんでもない状況で働かされて医師自身に余裕がなくなり、結果患者さんに対する思いやりがなくなってどんどんギクシャクしていってしまう事がありますよね。だから自分がまず幸せになるということは意識したほうがいいです。

原正彦先生の”やりたいことを全力で楽しむ”:この続きはこちら

 

〈 文 = 江崎 聖桜 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です